鷹鷹応援日誌。

小久保ホークスをフルスロットルで応援するブログ。

2024年6月22日。対ロッテ戦。大津亮介1失点の粘投で4勝目。終盤にロッテ・種市攻略で、会心の逆転勝ち。

こんばんは。デラシネ(@deracine9)です。

 

今日の相手は、ロッテの先発、種市。

昨年は打った相手だが、今年はそう簡単にはいかないようだ。

果たして、結果は…。

デラシネの視点。

ホークス先発の大津亮介は、1回に失点したものの、その後はランナーを出しながらも、粘った。

6回までホークス打線は、ロッテの種市に完璧に封じられ、球数60球程度で完封ペース。

 

スミ1 のまま、試合は7回裏。

打順はクリーンナップからだったが、3番栗原陵矢はライトライナーに倒れ、1アウト。

 

次は不調がつづく山川穂高

山川は、簡単に2ストライクに追い込まれるも、しつこくファールで粘り、11球目に死球で出た。

 

つづく近藤健介は、これまた粘る。

種市は、ここが踏ん張りどころと、最大限にギアを上げている。

 

しかし、近藤も粘る粘る。

そして、10球目。

近藤は外角のストレートを捉え、左翼線にツーベースを放った。

 

1死2、3塁から、続く柳町達がレフトに犠牲フライを打ち上げ、ついに同点に追いついた。

 

100球を超えた種市の球は、もう限界に来ていた。

8回裏の、周東佑京の勝ち越しアーチは、打たれるべくして打たれた。

 

7回、山川と近藤に使った渾身の21球は、ホークスの打線の破壊力をあらためて示したと言えるだろう。

 

BBM ベースボールカード 015 近藤健介 福岡ソフトバンクホークス (レギュラーカード) プレミアム2023 GENESIS

勝利のポイント。

そういう訳で、デラシネの選ぶ本日のMVP は、近藤健介選手🌼。

 

大津亮介は、8回まで投げ切り、周東のホームランで勝ち投手になった。

前回のヤクルト戦の反省を活かし、見事な投球だった。

明日は、ロッテとの3戦目。

前回スウィープやられたお返しができるか。

 

データ提供 プロ野球Freak